「忙しい人」ほど上達する?!ビジネスマンの簡単英語勉強法

英語を勉強したいという社会人は意外に多いものです。会社で必要になったり、グローバルな場面に出ていかなくてはいけなかったり

TOEICで高得点をとりたいなど様々な動機があると思います。でも、なかなかはじめれない人に聞けば多くの理由として「忙しい」といいます。

 

でも、実は「忙しい人」ほど、うまくやればびっくりするほど簡単に英語が上達するんですよ。

その理由を簡単に言うと、忙しい人というのは、時間の概念がとても細かいのです。

何時にどこにいかなければならないとか、いつまでにこれをやらないといけないとか、縛られている仕事が多いからなんですね。

なので、スキマ時間を見つけることがわりと簡単にできるのです。

 

また、ここしかない!とおもうことで、人間は集中力を増すことができます。
正直、人間の集中力というのは、最低でも15分、長くて40分くらいしか

続かないものです。その集中力をここぞというときに使うといいんですよ。

仕事で集中力を使い切ってしまったという人も、ご安心。

 

これからご紹介する勉強法はリフレッシュぐらいに思っておけばいいのです。

やることが変われば気持ちも変わります。

 

英語の勉強を始める前にしておいていただきたいことが一つだけあります。

それは、英語を使ってどうなりたいのか、身近な目標と、将来の大きな目標を決めておくこと。

 

モチベーションを上げるために必要なんですが、あるとないとでは雲泥の差がでてきます。

目標ができたら、忘れないようにメモにして挟んでおきましょう。

 

では、次に教材を買いましょう。英語の勉強をするために多くの教材はいりません。たった一つだけ、一つを極めると思いましょう。

難しい本ではなくて、すこしゆるいかなと思えるほうがいいでしょう。

難しい本を選んでしまうと、勉強しようと思うまでに新たなエネルギーが必要になってしまうからです。

 

書店に行く時間も惜しいのであれば、携帯書籍で構わないです。持ち運びができる分、本より楽かもしれません。

辞書代わりにもなりますしね。

 

やはり、英語での一番の勉強法は見て覚えることだと思います。

みて覚えるといっても
英語教材レビューおすすめランキング[http://xn--1-0euj0uwbb8005g8jdzo6fpbq.com/]

のように繰り返しの復習も重要です。

 

リスニングでの勉強法もスキマ時間を使うのには有効ですが、わからない単語ばかりでは、聞きなれるまでに時間がかかります。

知らない単語は聞いてもわからないですからね。

 

なので、何十回とわからない単語を聞くよりも、1ページでも構いません。じっくりと読んで、目で見てわからない単語を調べる。

そうして単語の知識を増やしていきましょう。リスニングする場合は単語をわかった後に聞く。この順番を守るようにしましょう。

 

時間帯としては朝に教材を読むといいでしょう。通勤の電車の中、電車を待っている時間。仕事前の5分でも構いません。新しいことをスタートするには

朝がとても効果的です。

 

昼や夕方にスキマ時間ができたのなら、単語を調べる時間に使いましょう。単語一つだけでもいいので、ものによっては1分もかかりませんね。

 

そして、帰りの電車や、仕事終わり、もう一度朝勉強したものを復習する。

 

 

 

継続は力なり。気兼ねしないほどの楽な気持ちで構いません。毎日続けていけば、あっという間に覚えていけるでしょう。

習慣づけてしまえばこっちのものです。

ページ上に戻る

メニュー